スマホ副業の中級者が確定申告を行う時の注意点を3つ紹介します

はじめに

スマホ副業を行って、ある程度時期が経過すると報酬の金額が多くなっている人も多いです。

憲法ではどんな形でも収入を得た時には、年間の収入の金額に応じて納税をする義務の要綱が記載されているので、必ず得た報酬の申告を税務署に行います。

スマホの中級者が、税務署に確定申告を行う時に気をつけたい事を紹介します。

1.副収入の総額を記録します

スマホ副業で得た報酬の多くは源泉徴収されていない事がポイントで、法律では本業を行っている人は副収入が20万円を超えた時に確定申告を行う事が原則です。

スマホ副業を行った時に、年間の副収入が20万円を超えた場合に源泉徴収されていない報酬の分を申告する事が原則ですが、仕事に掛かった費用などを取り除いて20万円の金額に満たない場合は、税務署で所得の申告を行う必要はありません。

100万円の副収入を得ても90万円の経費が掛かれば確定申告は必要が無いが、税務調査で引っ掛からない為にも経費の証拠を残しておきます。

本業を行っている人がネット副業を行った時に給与明細が無い場合が多いので、振り込んでいる銀行の口座で振り込んでいる金額を確認しながら年間の副収入を把握します。年間の総計を計算して、仕事に掛かった経費などを差し引いて税務署で所得を申告する事が原則です。

2.掛かった経費を把握しておきます

ネット副業の中級者は月収に換算すると安定的に少なくとも3万円は稼ぎ出している傾向なので、確定申告を行う事が必要な人が殆どです。稼いでいる額によっては追加的に税金を払う必要が多いが、掛かった経費によっては納税すべき税金が免除される事もあります。

確定申告で認められる経費は、パソコンなどの仕事で必要な備品などで、仕事に必要な賃料なども基本的には経費として認められる傾向です。

仕事に掛けた経費の証拠は領収書やレシートの形でファイルなどに綴じておく事が大切で、証拠がない場合は得た収入に関して税金の対象になる事に注意します。
ポイントとして、仕事に掛かった時に証拠となるレシートや領収書を準備して、レシートに書いてある備品費などの経費を計上します。

確定申告で証拠をアピールする事を考えて、掛かった経費の証拠となるレシートなどは、亡失しないように保存しておく事がポイントです。

3.申告漏れなどに注意しながらネット副業を行います

最近はネット副業だけで食べていけるほどの収入を稼ぎ出している人が多くなっているので、ネットの専門チームの監査が厳しくなっています。アフィリエイトだけで年間で200万円から300万円を行っていたサラリーマンが摘発されるケースも出ているので、税金の申告漏れに注意する事が大切です。

税金の申告漏れを税務署から指摘されると、納めるべき税金よりも多くのお金を納める事になります。せっかく稼いだお金が申告漏れによって無くなるリスクを避ける為に、ネット副業で20万円以上も所得を得ている人はきちんと所定の期間内に確定申告を行います。

業務の効率化などの理由で確定申告をしないで、申告漏れが指摘された時点で、追徴的な税金を納めなければならないです。申告しなかった副業の年収の部分に関しては、最大でも7年が経過したら時効になるが、時効の事を考えて申告しないよりも正しく確定申告を行えば税務署の職員から指摘を受けないで済みます。

申告を行う時に、申告漏れの収入が無いかどうかを確認する事もポイントです。

まとめ

納税はスマホ副業を行う人の義務である事を考慮して、最近は稼いでいる人の収入の状況を税務署のチームが調べる傾向です。

副業で稼いでいる中級者は、少なくとも副収入が20万円を越えている事が当たり前です。税金の申告漏れを指摘されて追徴的に納税する事になるよりも、きちんと正しく経費を計上して、申告漏れが無いように確定申告する事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ