スマホ副業で稼いでいる上級者が効率よく節税を行う方法4選

はじめに

世間的にスマホ副業はちょっとした副収入であるというイメージが強いので、20万円を超える副収入を得た時に雑所得として申告する事が当たり前です。

申告の方法は青色と白色の方法で行われていて、青色申告の方が節税の効果が高いが、
ちょっとした雑所得は青色申告が出来ません。

上級者が効率よく節税を行う方法を教えます。

1.基本的には仕事に掛かった経費をきちんと把握しておく

サラリーマンがスマホ副業を行って、仕事に必要な備品費などの経費を計上しておく事は確定申告を行う前の必要な行動です。確定申告の前に掛かった医療費を計算したり、仕事に必要な経費を合計した額をきちんと計算してから確定申告を行うと節税に繋がります。

スマホで得た所得を正しく計算していないと、確定申告が済んだ後で申告漏れの部分を指摘されれば節税として逆効果になります。1年間で本業の源泉徴収票に書いてある給料の金額を確認して、副収入を得てから正しく経費を計上する事がポイントです。

所得の合計の額によっては、源泉徴収された税金が戻ってくる事もあります。
正確に医療費や経費を把握しておけば払った税金が全額戻る事もあるので、お得な節税対策の一環として経費と収入の総額をきちんと計算します。

2.得ている所得の概要を分析する

サラリーマンの場合、収入は本業の給料の年間における合計額と雑所得などを合わせた額で確定申告をします。サラリーマンによっては、不動産投資による収入を得た人が存在しています。土地や会員権の関連で得た譲渡所得として、別途で収入を得ている人もいます。

スマホ副業だけを行っているサラリーマンは、原則的に雑所得として計上する事が基本です。譲渡所得などの別途の収入がある場合は、全ての収入を合わせてから税務署に確定申告を行う事が原則です。

税金は所得の額に応じて変化するので、収入を得る為に掛かった経費は正しく計上する事が望ましいが、レシートなどの領収書を用意しておくと所得を把握しやすいです。

3.報酬が高ければ青色として申告できるかどうか確かめる

スマホで副業を行って得た収入は、事業所得として見なされない事が原則なので、青色申告で節税することは不可能です。
雑所得の額を計算して、100万円に満たないならば雑所得として確定申告を行います。

スマホ副業が軌道に乗っている上級者の一部は、雑所得の額が年間の収入が300万円を超えている場合があります。年間の副収入が高い場合は、稼いだ額に応じて事業所得として見なされる場合もあります。

スマホで行う副業の年収が高いと感じたら、税務署などで相談する事がポイントです。

4.サラリーマンが副業を行って青色申告を行う方法

青色申告は一定の所得に満たしていた場合に、10万円の節税が出来ます。
青色申告を申請するフリーランスの場合、65万円の特別控除が受けられます。
本職を持っている人でもスマホなどの方法で得た所得の額によっては、青色申告を受けられる可能性もあります。

青色申告を受ける場合、スマホで得た所得の明細書や証明書などを持って税務署の職員と話し合う事が基本です。節税を目的に申告するならば、基本的に収入などの証明書を用意しておかないと青色申告が出来ない傾向です。

青色として適用する為にはスマホの所得が300万円を満たしている事が条件で、基本的にスマホで300万円未満の収入の場合、雑所得として申告する事を税務署の職員から言われやすいです。

まとめ

青色申告は節税に有効的な方法ですが、数十万円程度のスマホ副業の収入では適用にならない事が原則です。

基本的には正しく経費を計上して、雑所得として確定申告を行いますが、スマホ副業の額によっては青色申告を受けられる事もあります。300万円を超えるスマホでの所得を得ている場合、証明書などを持って税務署の職員からアドバイスを受けます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ